お礼状・・

       
この世は、お礼だらけ・・?だと良いな。

何かを誰かにしてもらい、感謝の気持ちを伝える。言葉にするのは簡単だが、それを文章にするのが意外に難しい。

単に「ありがとう!」だけで済む間柄であれば、贈り物にメッセージカードを添えて送るだけで十分に伝わることもある。

でも、それは個人的な間柄の中でも、ごく通常の出来事に対するお礼に限られてくる。

親しき仲にも礼儀あり。よく言われるこの言葉・・実に深いのだ。

甘く見ると、大いに怪我をする。

お礼状の書式・ルール・マナー・言葉選び・順序・・・、他にもいろんな法則があるようだが、それを知らないと大恥をかくことにも繋がる。

幸いこれらを勉強できるサイトがネット上に多く存在しているし、メディアを限定しなくても実社会に多くの参考書がある。

積極的に利用すると良いだろう。

何と言っても、お礼状が欠かせない事例は山ほどあるのだ。それに対応しようと思うと、単に知識や経験だけで賄えるものではない。

事件に遭遇して初めて知ることも多いものだ。

「人間生涯勉強である」という意味を込めて、専門家による「文例集」を活用すべし。

例えば仏事などは、宗教上の作法も存在することが多く、気をつけなければならない場合もある。

そういう事も、詳しく書かれているものが多い。

大概の文例集はオールマイティ・オールラウンドに書かれているので、個人個人が応用力を利かせて展開すると、良い文章が書けることは間違いないだろう。

機会が無いという人も、まずは練習がてら、チャレンジしてみては如何?

様々な文例


この世の中には、様々な文書が存在する。

個人的なものから、公式なものまで本当に千差万別である。

それぞれの文書を、その都度正確に書きこなすには、相当な知識や経験が必要になってくるわけだが、そんな簡単にできるような代物ではない。

たとえ経験が有っても、経験通りの事柄がいつも起こるとは限らないのだ。

そんな時に役立つのが、書式の文例である。

事務的・公式な文書から、私的・個人的な文書の例まで、こと細かく掲載した文例集が存在する。

よく使われる挨拶状は、お礼やお詫びの書面であろう。

行事によって、その書式は全く変わる。

もちろん心が籠っていれば問題はないわけだが、表現一つでどうにでも取れるのが文章の構成の魔法である。

どう書けば印象を良く出来るのか・・、気分を損ねずにお詫びが出来るのか・・。

文面次第で結果が大きく変わることも考えられる。

特にビジネスの場合は、ニュアンスひとつで会社の存亡にかかわる事態も起こしかねない。

そうならないためにも、いろんなメディアを利用することが賢明である。

しかも、上手に使うこと。文例はあくまでも「例」であるから、そのまま引用するわけにはいかない。

目的に応じて、最適な作文をする能力がなければ書けない。

時候の挨拶から、本文、文末の締めの言葉に到るまでのルールを心得て、しっかりとした文章を書くことだ。

文面次第で、相手から受ける評価に、雲泥の差が出てくることが多いようだ。

このことは、個人でも仕事でも変わらないという。

私も、御礼状は文例を利用して心して書こうと改めて感じた次第である。

御礼状 文例

 御礼状・・、様々な場面で必要になる文書である。

正式な書き方が存在するものもあるが、自由な書式で通用するものもある。

自由で良い物の場合、本当に親しい者同士であればさほど問題はないことが多いが、目上の人とか企業へのお礼とか・・、何と書いていいのか分からなくなる場合が多いのではないだろうか。

そんな時、参考になる例文が欲しくなる。その例が、ネット上のサイトで検索できるのだから嬉しい限りである。

ただ、検索するにも目的がはっきりしないと正確な文章は書けない。

それに、例文をそのまま真似するわけにもいかないので、作文能力が必要になるのは変わりないと思われる。

そうは言っても、例文がまったく無いのと、一応参考にできる文面があるのとでは、状況が全く違ってくると思う。

私も、過去に苦労した経験を持っているので、例文の無い状況の苦しさは分かるつもりである。

何と言っても、お礼を言う目的・状況によってまったく違う内容になるものなのだ。

誕生・進級・進学・入学・卒業・就職・退院・長寿・会葬・・・、などと言った人生の節目に関係したお礼状。

企業や、人に世話になった時に贈るお礼状。

例をあげればきりがないが、それらの中にも決まった形式や、ご法度の書き方もあるわけで、いろんな勉強をしながら書くべきだろうと思う。

文例のサイトや本など、参考にできるメディアを上手く利用して、恥ずかしくないお礼状を書きたいものだ。