御礼状 文例

 御礼状・・、様々な場面で必要になる文書である。

正式な書き方が存在するものもあるが、自由な書式で通用するものもある。

自由で良い物の場合、本当に親しい者同士であればさほど問題はないことが多いが、目上の人とか企業へのお礼とか・・、何と書いていいのか分からなくなる場合が多いのではないだろうか。

そんな時、参考になる例文が欲しくなる。その例が、ネット上のサイトで検索できるのだから嬉しい限りである。

ただ、検索するにも目的がはっきりしないと正確な文章は書けない。

それに、例文をそのまま真似するわけにもいかないので、作文能力が必要になるのは変わりないと思われる。

そうは言っても、例文がまったく無いのと、一応参考にできる文面があるのとでは、状況が全く違ってくると思う。

私も、過去に苦労した経験を持っているので、例文の無い状況の苦しさは分かるつもりである。

何と言っても、お礼を言う目的・状況によってまったく違う内容になるものなのだ。

誕生・進級・進学・入学・卒業・就職・退院・長寿・会葬・・・、などと言った人生の節目に関係したお礼状。

企業や、人に世話になった時に贈るお礼状。

例をあげればきりがないが、それらの中にも決まった形式や、ご法度の書き方もあるわけで、いろんな勉強をしながら書くべきだろうと思う。

文例のサイトや本など、参考にできるメディアを上手く利用して、恥ずかしくないお礼状を書きたいものだ。